よくあるご質問

不妊について

Q. 不妊とはどのようなことをさすのでしょうか。どれぐらいの期間、妊娠できなかったら医師に相談すればいいのでしょうか。
健康な男女が妊娠を望み夫婦生活をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しない状態のことをいいます。
日本産婦人科学会では、この一定期間を「1年間」と定義しています。しかし、女性側・男性側あるいはその両方に、自覚症状が無くても不妊の原因がある場合があります。妊娠を希望される方は、早めに医師に相談されることをおすすめします。
Q. 卵子の老化とは、どのようなことを言うのでしょうか。
卵巣の中の卵子は胎生5か月(お母さんが妊娠5か月)の頃に作られ始めます。この時の卵子が月経のたびに成熟し、排卵します。つまり、胎児のときにつくられたものを20年、30年、40年後に使用しているのです。
そう考えると、老化するというイメージが湧きやすいかもしれません。加齢によって、30歳ごろから徐々に妊娠率に変化が見られ、35歳くらいから急激に低下していきます。
そのため、当クリニックでの不妊治療は回り道のない、その患者様にとっての “最短” を目指しています。

初診・診察について

Q. 診察時間を教えてください。
診察時間は、月・金・土は午前が9:00~12:00(受付 8:30~11:30)、午後が13:00~18:00(受付 12:30~17:30)となります。火・木は13:00~20:00(受付 12:30~19:30)です。
※現在はCOVID-19の感染拡大を受けて、火・木の診療時間を12:30~19:30(受付 12:00~19:00)に30分前倒しております。
Q. 初診の予約はどのように行えばいいでしょうか。
当クリニックでは、患者様の待ち時間を少なくするためのシステムを導入しています。
初診の予約もこちらから行っていただきます。当日、問診表へのご記入をお願いしておりますので、ご予約時間の20分前にはご来院ください。
Q. 初診時には何を持っていけばいいでしょうか。
健康保険証と、ご用意があれば紹介状、血液検査の結果(1年以内のもの)をお持ちになり、初診当日に2階の受付にご提出ください。
Q. 診察を受けるときは、どのような服装で行けばいいでしょうか。
どのような服装でも構いません。内診がある場合にはショーツを脱いでいただきますので、脱ぎ着しやすい服装がおすすめです。
Q. 子どもをクリニックへ同伴させてもいいでしょうか。
当院では、他の患者様のためにお子様連れでの受診をご遠慮いただいております。
何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
Q. 初診は生理何日目に受診すればいいでしょうか。
初診は何日目でも大丈夫です。なお初診当日は、当院の治療内容や方針、ご夫婦の状況をもとに治療内容を提案させていただき、ご検討いただく場と考えております。初診でその後の提案のために必要な検査を行うこともございますが、基本的には、ご夫婦でよくご検討・ご納得いただいてから治療開始をしていただくための、ご相談の場とさせていただいております。
Q. 初診には夫婦で行ったほうがいいでしょうか。
ご夫婦での治療ですので可能であれば、お二人でご来院されることが望ましいですが、ご都合がつかない場合は女性だけでも構いません。
ただし、体外受精を行う場合は、意思確認のためにも必ず事前にお二人でのご来院をお願いしています。
Q. 入籍していないと治療はできませんか?
入籍していない方でも、事実婚であれば治療を行うことが可能です。
ただし、お二人でのご来院と、意思確認や必要な書類への記載をお願いしています。
Q. タイミング療法を希望しています。タイミング療法のみでも受診可能でしょうか。
当院では全額自費診療となります。当院でのタイミング療法・人工授精の治療を行うことは可能ですが、基本的には体外受精をメインに行っております。
保険診療での一般不妊検査やタイミング療法を希望される場合は、フェニックス メディカル クリニックにて受診をおすすめいたします。
Q. 保険診療は行っていますか。
当院では現時点では全額自費診療を行っております。一般不妊治療やタイミング療法などの保険診療はフェニックス メディカル クリニックで行っております。
2022年4月より不妊治療の保険診療化に対応予定ではありますが、現在は国からの指針を待っている状況で、詳細は決まっておりません。
Q. 男性不妊外来はありますか?
2022年4月より男性不妊外来を開設予定です。詳細決定次第、HP等でご報告させていただきます。